PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワクチン接種気をつけること

生まれたばかりの子犬にはお母さんから貰った免疫があるのでワクチン接種は効きません。免疫が切れてからワクチン接種をすることになります。


ブリーダーやペットショップから飼ったビーグルは1回目を済ませている子が多いと思います。1回目と同じところで打つのが1番安心かもしれません。まったく打ってない子であればかかりつけの病院に相談しながら決めましょう。

ワクチン接種とは感染症の毒素を薄めたものを体に打って抵抗力をつけることなんです。そのため副作用が起きるのが1番怖いことなんです。副作用を起こす犬は1万匹に1匹と言われてますが起こしてしまえば命に関わってくる問題ということだけは覚えておいてください。

ワクチン接種でいきなり注射を打つのではなく前もって健康診断してくれるところはいい病院です。ワクチン接種は健康なときしかできないことになってるんです。

打ったその日は万が一副作用が起こってしまってもすぐ対応できるようによく観察しておくことが大事です。お風呂も2~3日は入れません。散歩も抗体できるまでは禁止です。
関連記事

| 子犬の育て方 | 13時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://tukibeagle.blog79.fc2.com/tb.php/17-bfb02c74

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。