PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子犬の甘噛み

この頃から目に付くものはなんでも噛んでしまうので大事なものは
高いところに置くなどしてイタズラされないように気をつけましょう。また誤食にも注意してあげてください。


うちのビーグルも小さい頃にリモコン、ケイタイ、消しゴム、輪ゴムなど色んなものを噛んできたので飲み込まないように注意することとこの時から「ダメ」というのが大事です。また甘噛みもだいぶん痛いのでその時も「イタイ」や「ダメ」といった方がいいですね。そうすると甘噛みする力がだんだんソフトになってきます。

またこの頃はどこにでも付いてくるので危ないし放っくことも出来ないので飼い主さんは1番たいへんな頃だとおもいますがこの時が1番可愛いときなので思う存分可愛がってあげてください(笑)

その他にも口の中に手を入れるとか食事中食器に手を入れてみるなど
してみましょう。怒らない噛まない犬の育てるのは飼い主の役目です。

関連記事

| 子犬の育て方 | 22時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://tukibeagle.blog79.fc2.com/tb.php/5-83698911

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。