PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子宮蓄膿症

多飲多量や発熱、嘔吐、子宮に膿が溜まってお腹が膨れて垂れ下がってきたり、陰部から分泌物(膿汁)が出るなどの症状が見られる場合は子宮蓄膿症の可能性があります。


子宮蓄膿症とは無菌状態の子宮の中に最近が入り込み増殖して炎症を起こして膿が溜まっていることを言います。老犬や発情期後に多い病気と言われています。

症状が悪化してくると尿毒症や腎不全さらには子宮が破裂して腹膜炎を起こしたりひどい場合は死亡することもあります。

分泌物を見つけたら早めに病院へ行くことをオススメしますが中には分泌物が出ない犬もいるのでいますので発見しずらい場合もあります。避妊手術で予防することができます。
関連記事

| 消化器・泌尿器・生殖器の病気 | 16時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://tukibeagle.blog79.fc2.com/tb.php/78-d6d0bb71

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。