PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アトピー性皮膚炎

背中からしっぽの付け根を中心にして耳の後ろや肛門周りになどに皮膚が赤く腫れる・黒ずむ、脱毛、激しいかゆみのため患部を掻いたり噛んだりなどの症状が見られる場合はアトピー性皮膚炎の可能性があります。


アトピー性皮膚炎とは生まれつき肌の弱い犬や皮膚の保護力が低下した犬などはアレルゲンに過剰に反応してしまうために起こる病気です。悪化した場合は濃皮症や脂漏性皮膚炎になる可能性もあります。

何に対してアレルギーを持ってしまうかは犬によって違います。アレルゲンの代表的なものはダニやカビ、食物などでアレルギーが起こります。5歳以下の犬に発症率が高く1度かかってしまうと一生付き合っていかなくてはいけません。
関連記事

| 皮膚・鼻・口腔・歯の病気 | 23時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://tukibeagle.blog79.fc2.com/tb.php/91-eb76f17f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。