PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食物性アレルギー

顔、腹部、腰の辺り、肛門、外陰部などに激しいかゆみ・脱毛・嘔吐・下痢などの症状が見られる場合は食物性アレルギーの可能性があります。


食物性アレルギーとは食物のアレルゲンに過剰に反応してしまい起こる病気です。悪化した場合は患部が全身に広がる可能性もあります。

アレルゲンの原因は牛・鶏・豚肉、魚、乳製品、大豆、小麦、ライ麦、オーツ麦、とうもろこし、たまごなど。これらの食物はドッグフードに含まれていますのでアレルギーのある犬には与えない方がいいでしょう。

また食物性アレルギーは特に耳に症状が表れるため外耳炎を繰り返す犬でしたら食物性アレルギーの可能性が高いです。1~3歳くらいの若い犬の発症率が高いと言われています。
関連記事

| 皮膚・鼻・口腔・歯の病気 | 13時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://tukibeagle.blog79.fc2.com/tb.php/92-2fc32908

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。